Cabaret club Job offer

お酒が飲めなくても稼げるキャバクラ求人

モノクロの女性

飲み会の席は大好きなのに、量はあまり飲めない女性というのは意外と多く、そういう女性はキャバクラでは働けないと決め付けてしまいがちです。高級なお酒を飲んで空にすることは、キャバ嬢にとって重要な仕事ですし、お店にとって頼もしい特技であることは間違いないですが、それができないからといってキャバクラで働けないということはありません。
男性客の視点で考えてみれば、自分よりも酒が強い女性しかおらず、いくら飲ませても全く酔わず、逆に自分が潰されるだけのお店に、通いたいとは思いません。むしろ酒が弱いことを可愛いと感じる男性は多いですし、飲めなくても飲んでるように見せることをアリにしてくれるお店もあります。求人広告に、お酒が飲めなくてもOKとか、フェイクOKなどと書いてあればそれを意味し、ブランデー頂きますと言ってウーロン茶を飲んでいても見た目にはわかりません。
お店によってフェイクの伝え方は様々ですが、例えば、オーダー表の飲み物に○印を付けてあったり、手を合唱させて「濃い目で!」とお願いしたら、バーテンがジントニックのオーダーをただのサイダーにしてくれたり、「○○さんと同じの下さい!」と注文しても、見た目は同じで中身はノンアルコールのソフトドリンクが出てくるので、それで乾杯できますので、お酒を飲んでるのと同じように売り上げを上げることができますので、飲めないままキャバ嬢をやっている子は結構います。

お酒が飲めなくても稼げるキャバクラ求人

モノクロの女性

飲み会の席は大好きなのに、量はあまり飲めない女性というのは意外と多く、そういう女性はキャバクラでは働けないと決め付けてしまいがちです。高級なお酒を飲んで空にすることは、キャバ嬢にとって重要な仕事ですし、お店にとって頼もしい特技であることは間違いないですが、それができないからといってキャバクラで働けないということはありません。男性客の視点で考えてみれば、自分よりも酒が強い女性しかおらず、いくら飲ませても全く酔わず、逆に自分が潰されるだけのお店に、通いたいとは思いません。むしろ酒が弱いことを可愛いと感じる男性は多いですし、飲めなくても飲んでるよ…